フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性新聞の業界概要

新聞の業界概要

新聞の業界概要

新聞業界は、インターネットでニュースを読む人が増えたため、紙の新聞の発行部数が減少しており、これが業界全体に影響しています。全国紙ではこの流れに対応するため、有料のデジタル版を推進する新聞社もあります。
ブロック紙、県紙や地方紙はまだその地方では全国紙を上回る占有率をあげていますが、全国紙と同様に発行部数は減少しています。

他には、経済や産業の記事を扱う業界紙があり、業界の数だけ業界紙があります。また、専門紙にはスポーツ専門のスポーツ新聞や外国語の新聞などがあります。日本では記事を配信するだけの通信社も広い意味での新聞業界と考える場合があります。

新聞の求人特徴

新聞業界には、記事を作成する記者、カメラマン、記事を新聞紙面やデジタル版にレイアウトする編集、 記事の誤字脱字や整合性のチェックを行う校閲、広告や営業といった非常に多様な職種があります。

一概に新聞業界といっても職種により、また会社により求人内容は異なります。年齢制限の中であれば、何度でも同じ新聞社を受験することができる場合もあるのが他業種と比べて特徴的です。

法律、経済や理系など高い専門性があれば、異業種でも応募可能な求人もあります。

新聞で求められる人物像

職種によって求められる人物像は異なります。例えば記者職の社会人採用の場合、記者経験を求める新聞社は多いです。さらに近年では、社会のグローバル化や専門化により、専門的な内容を分かりやすい記事にすることが求められるようになったため、特に理系分野の高い専門性を持った記者が求められるようになりました。

したがって社会人経験で培った高い専門性、初対面の人と会い話を聞き出す取材力、それをまとめ上げる文章力、記事にできるような新たな切り口で物事を見極める好奇心などが、新聞記者として必要な要素です。

「新聞の業界概要」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧