フロムエーキャリアトップお役立ち情報入社までの流れ健康保険の手続き

健康保険の手続き

健康保険の手続き

退職などで離職する場合には、健康保険証も企業に返還します。ですが、日本は国民皆保険制度をとっているため、何らかの保険に入らなければいけません。退職後の保険の切り替え手続きについてみていきましょう。

任意継続被保険者の申請をする
2カ月以上継続して勤務していた場合は、資格喪失日から20日以内に「任意継続被保険者」の申請をすることで、勤務していた会社での健康保険を継続して加入することができます。期限は2年以内で、毎月指定の保険料を支払う義務があります。勤務していたときは、被保険者と事業主で保険料を折半して負担していましたが、任意継続費保険者の保険料は全額自己負担になります。

国民健康保険に加入する
市町村役所または区役所の窓口で、国民健康保険に加入することができます。倒産や解雇といった、非自発的失業者の方は国保料軽減制度が受けられる場合があります。
任意継続被保険者になる場合とどちらの方が負担が軽いのか、これまでの就業先等により個人差があります。窓口で算を行える場合が多いので、どちらが良いか尋ねてみましょう。

家族の被扶養者になる
家族の健康保険の被扶養者になることもできる場合があります。これには、その家族の収入で家計が成り立っているのか、またその家族と同居しているのかどうかなど、色々な条件がありますので、お住まいの市町村役所もしくは区役所の健康保険の窓口で相談してみましょう。

「健康保険の手続き」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧