フロムエーキャリアトップお役立ち情報内定から退職までの流れ退職届の書き方と留意点

退職届の書き方と留意点

退職届の書き方と留意点

退職する際、どのような手続きが必要なのでしょうか。まず、退職の意思表明を書き起こす必要があります。その際、書面の形式には「退職願」「退職届」があり各々意味が異なる為、どの形式で出すか留意しましょう。
退職願とは退職を「願い出る」書類であり、退職届は退職を「届け出る」書類です。つまり、退職願は「退職したいと思います」という願書で、退職届は「退職いたします」という意味を持ち、退職の意思を撤回できるのは「退職願」だけで、「退職届」では退職を撤回できません。また、「辞表」は、会社運営に関わる重役や公務員のみが使います。

では、退職願、退職届を書く時は、どのようなことに留意する必要があるでしょうか。望ましい書き方と提出方法について見てみましょう。

手書きであること
正式な書類として扱われるので、白無地の紙(一般的には便箋でも可)に、黒もしくは青のサインペンかボールペン(日付などの文面を消しゴムで消せない筆記用具)で、丁寧に楷書で書きましょう。

封筒に入れる
退職届は、三つ折りにして封筒に入れて渡します。表の真ん中に「退職届」、裏に所属と氏名を書きます。

直属の上司に渡す
人事部などでなく、直属の上司に渡すのが礼儀にかなっています。両手で丁寧に渡しましょう。

退職届の書き方

退職願・退職届は、縦書きが一般的です。文字の中心線を意識しながら文字が曲がらないよう、丁寧に書きましょう。会社によっては退職届の用紙や、具体的な書き方が決められている場合もありますので、事前に確かめておきましょう。

具体的な書き方の注意点は以下です。
・一行目:「退職願」「退職届」とやや大きめに記入。
・二行目には下の方に、書き出しとなる「私事」または「私儀」。
・文章は退職願の場合、「このたび一身上の都合により、来る平成○○年△月××日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」、
 退職届の場合、「このたび一身上の都合により、来る平成○○年△月××日をもって退職いたします」等とゆるぎない決意を断定する書き方で記します。
・文章最後に、退職届を提出する日付を元号で記入します。
・自分が所属している会社の部署名、その後に自分の名前をやや下の方に書き、名前の最後に、捺印(認印)をします。
・改行し、正式な会社の名称と、代表取締役社長の名前を書き、「殿」という敬称をつけます。このとき必ず社長の名前が、自分の名前より上に来るようにします。

「退職届の書き方と留意点」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧