フロムエーキャリアトップお役立ち情報内定から退職までの流れ退職を決めた時の社内処理の流れ

退職を決めた時の社内処理の流れ

退職を決めた時の社内処理の流れ

円満退社するなら業務の引き継ぎや会社側が後任者を決める期間も考えて、少なくとも2カ月前には上司に退職の意思表示をしておくことが望ましいでしょう。大まかなスケジュールは以下の通りです。

2カ月前:直属の上司への退職の意思を伝える
直属の上司に退職意向を伝え、承諾を得るにあたり、まずは事前に家族に相談し、転職を納得してもらった上で、会社の就業規則で退職手続き・条件の確認、有給休暇の残日数を確認して上司と相談し、退職日を決定します。

1カ月前:退職願提出・業務の引き継ぎを行う
日付・印鑑・誤字などがないか確認し、退職願を提出し、上司と相談して後任者を決定し、引き継ぎ用の資料を作成した上で、後任者への引き継ぎを行います。

10日前:取引先への挨拶回りを行う、身の回りの整理をする
取引先へ後任者の紹介、パソコン内に入っている情報やデータを整理、自分宛の郵便物の送付先を後任者名への変更のほか、健康保険証・身分証明書・社章・通勤定期券といった会社から貸与されたものを返却し、自身の年金手帳、雇用保険被保険者証を受領します。

退職日当日:引継ぎや挨拶状、メール送付等の抜け漏れがないか、最後の確認する
担当業務をすべて処理したことを確認したら、トラブルが生じた場合を考えて、退職後の連絡先を上司や後任者に伝え、お世話になった方に退職の挨拶状、もしくは挨拶のメールを送ります。

退職時に受け取る書類

退職に際しては、再就職の際に必要な書類をきちんと受取りましょう。

退職する日に受け取る書類
退職する当日に、年金手帳と雇用保険被保険者証、健康保険被保険者資格喪失証明書、退職証明書、厚生年金基金加入者証を受け取ります。

退職後に受け取る書類
退職後、1週間から10日後以降に、源泉徴収書と離職票を受け取ります。受け取る日と受け取り方について、確認しておきましょう。

「退職を決めた時の社内処理の流れ」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧