フロムエーキャリアトップお役立ち情報内定から退職までの流れ内定とはどういう状態か

内定とはどういう状態か

内定とはどういう状態か

内定には双方の承諾が必要です。そのため、企業から採用の電話連絡後、志望者に採用通知が郵送もしくはメールで送られ、それを承諾すれば正式に内定となります。
決まった期日からその会社の社員となることを法律的に認め、新卒の場合は、卒業後、社員として勤務することを意味します。

内定は正式な労働契約になるので、企業の経営悪化などで内定取り消しを行わなければいけない場合は、「解雇」になり、一定基準を満たす場合は、解雇予告手当などの支払いが企業側に義務付けられます。

内定が出たら

内定の通知が来たら、何を行えば良いでしょうか。内定が出たらすべき事柄について見てみましょう。

内定誓約書を送る
内定誓約書が内定通知と一緒に送られてきます。この書類に署名して、すぐさま返送し、入社の意思があることを示しましょう。

内定式に出席する
内定式に出席し、正式に入社することを表明します。もし、入社の意思がない場合は、できるだけ早く人事の担当者にお詫びの連絡をしましょう。

内定取り消しになるケース

内定が取り消しになってしまうケースとはどのようなときなのでしょうか。

志望者による虚偽の記載などが発覚した場合
学歴や職歴詐称、犯罪歴を隠すなどといった行為が発覚した場合、採用を見送り、内定取り消しになるケースがあります。

会社都合の場合
内定通知後に経営の悪化などの理由で、内定の取消しになるケースがあります。不当に内定が取り消しになった場合は、労働問題に詳しい弁護士に相談するのがよいでしょう。

「内定とはどういう状態か」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧