フロムエーキャリアトップお役立ち情報面接を受ける面接時のマナー【服装】

面接時のマナー【服装】

面接時のマナー【服装】

書類選考を無事通過した際は、いよいよ面接です。(企業によっては応募後、すぐ面接の場合もあります。)
面接とは、直接企業先または面接会場に出向き、企業の採用担当者や経営者に対し、入社したい思いや自分について直接アピールできるチャンスです。

話す内容も大切ですが、まずは服装や髪形、マナー等社会人としての基本的な身だしなみを整えておくことは非常に大切です。

服装の選び方では、TPOをわきまえた服装を心掛けましょう。身だしなみのマナーを守り、清潔感のある服装で面接に臨んでください。

・ スーツ
スーツは、黒や紺、グレー系の落ち着いた色が一般的です。自分の好みではなく、相手に好印象を持たせる服装を心掛けましょう。スーツのジャケットは、一番下のボタンは外して着用するのが基本です。しわや汚れがないようにあらかじめクリーニングに出しておきましょう。
・ シャツ
シャツの色は白、襟はボタンダウンではなく、ノーマルなものを選び、色柄物は避けましょう。襟元の汚れや袖口の汚れも意外と目に付きますので、きちんと洗濯をして、アイロンをあてたものを準備してください。
・ 足元
男性の場合は紐つきのプレーントウ(縫い目などに装飾がないタイプの靴)、女性の場合は、パンプスが一般的です。いずれもシンプルな黒色のものを選ぶと良いでしょう。
男性の場合は靴に合わせた暗い色で短すぎない靴下を着用し、女性の場合にはストッキングが伝線していないかご注意下さい。

面接時のマナー【身なり】

服装の他に身だしなみとして大切なことは、髪形等の身なりがきちんとしているかです。

・ 髪
職種にもよりますが、就活時においては、髪色は黒・暗めの茶色がよいでしょう。また、きちんと洗髪して清潔感を保ちましょう。男性は短く整え、女性は長い場合はまとめておくと、きちんとした印象につながります。
・ 小物
鞄は床に置くことが多いので汚れやすいですが、面接に持って行く際にはきれいに手入れをしておきましょう。色は黒が無難です。また、メガネや時計を除くアクセサリーは避けましょう。メガネと時計も華美なデザインのものではなく、目立たないすっきりしたデザインのものを身に付けると良い印象を与えます。

「面接時のマナー【服装】」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧