フロムエーキャリアトップお役立ち情報面接を受ける集団面接の主な内容

集団面接の主な内容

集団面接の主な内容

面接の形式としては、個人面接の場合と、2~3人多い場合はそれ以上の人数で、集団面接をとる形式があります。
個人の場合は1人に対し、質問を繰り返されるので、比較的時間をかけて話せるため、理解が深まりやすいですが、集団面接では、短い時間で多くの志望者を判断するために、1人あたりの回答時間は短く、同じ質問に順に答えるという形式が取られることが多いです。
また、人事担当側が複数名いる場合と、1名のみの場合もあり、面接の形式は複数ありますので、各形式に応じて、話す内容、目線の配り方をイメージしておくと良いでしょう。


集団面接のチェックポイント

集団面接では、集団の中でもしっかりと印象を残すことが必要です。悪目立ちせずに良い印象を残すために、以下注意しながら面接に臨んでください。
・ 協調性があるか
仕事をしていく際に求められているのは、皆とコミュニケーションをとって仕事ができる人物です。集団の中で自分をアピールしようと、わざと必要以上に目立つ格好をしたり、自分ばかり発言しようとしたりすることは避けましょう。自分の意見を主張するばかりでなく、グループの人たちの意見をきちんと傾聴する姿勢で臨むと良いです。
また、回答は簡潔にまとめ、面接官に分かりやすく伝えるだけでなく、同じ面接グループの人たちにもしっかりと質問時間を残してあげるのがマナーです。
・ 好感を持てるか
たくさんの応募者の中で面接官に好感を持ってもらうには、清潔感がある身なりをしていることや受け答えがしっかりしていることに加え、志望者自身が面接官に好感や尊敬の気持ちを持って話すことも重要です。
また、話し方などを一度ビデオに撮ったりして、不快な癖がないかチェックしてみることも大事です。無意識で行っている癖が、相手の不興を買っているかもしれません。
そして、面接官だけでなく他の志望者に対しても、好感の持てる態度で接しましょう。他人に対する優しさや尊敬の念も、評価されているのです。

「集団面接の主な内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧