フロムエーキャリアトップお役立ち情報面接を受ける最終面接の主な内容

最終面接の主な内容

最終面接の主な内容

最終面接は、役員や社長など、会社のトップに立つ人物が行うことも多いです。退職理由や志望動機、自己PRなどを再度尋ねられることも多いので、今までの面接での質疑応答を思い出し、一貫した回答ができるように整理してくことが重要です。
その他、採用するポジションにもよりますが、一緒に会社を作り上げていく人材として、臨機応変な柔軟な対応力や実践力等、さまざまな観点から、スキルやスタンスを見て一緒に働きたいか、ということを検討されます。企業の重役である場合は、ぜひ自分からも興味があることについて質問し、「一緒に働きたい」と思わせるような熱意を伝えられるよう、心がけましょう。

最終面接のチェックポイント

・ 会社の求めていることを理解しているか
最終面接では会社が求めていることを理解しているかも確かめられます。
業務内容より会社の方向性を踏まえ、会社が目指す方向と、志望者が興味を持つ方向性にぶれがないことを、きちんとアピールしましょう。応募先企業に対する熱意を伝え、企業を作っていく一員になりたいという姿勢を見せることが大切です。
・ 会社の顔となるにふさわしい人物か
面接官から見て、志望者は新しく会社の顔となるに恥じない人物であるかが重要なポイントです。
清潔感があり、落ち着いていて、一緒にいて心地よく感じる人物であるのかをじっくりと観察されるのです。何人もの目が間近で自分に注がれていても自信を持てるよう、清潔な身なりと、正しい姿勢、適切な言葉遣いを心がけてください。

「最終面接の主な内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧