フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性通関士の資格について

通関士の資格について

通関士の資格について

通関士は、海外との輸出入における通関書類の作成・通関手続きの代行といった業務を請け負うことのできる資格です。日本経済において貿易がより一層の重要性を増すなか、スペシャリストである通関士は今まで以上の活躍が見込まれています。資格を取得できれば、航空会社や商社、各種メーカーなどで必要とされる存在になれるでしょう。 資格試験はすべてマークシート方式での回答です。通関業法および関税法から出題され、通関士として働くうえで必要な知識が問われます。配点については関税法周辺の知識が大きな割合を占め、次いで通関業法となっていますが、合格のためには各試験科目に定められた合格基準を満たすことが必要です。 受験資格は特に設けられておらず、誰でも受験可能です。民間通関業者や官庁(税関)にて通関士に関わる業務に15年以上、または5年以上就いているといった一定の条件を満たすと、試験科目の一部が免除されるため、事前に確認し、該当する人は試験前の免除申請を行いましょう。

通関士の受験資格と時期

通関士の試験は、例年10月上旬に実施されています。試験会場は全国に点在しており、希望地を選べるシステムとなっているため、居住地および勤務地などを考慮して選択することが可能です。願書は会場を管轄する税関で配布されています。 試験の合格率は10%程度とされていますが、近年は問題難易度の易化によって緩やかな上昇傾向にあると言われています。しかし、専門的な内容が問われる難易度の高い試験であることには変わりがなく、易しいものではないということはあらかじめ理解しておきましょう。通関士の資格試験に関する参考書や問題集は豊富にあるので、自分に合った教材を用意し、対策にあたりましょう。 通関士は流通業や貿易関連会社を希望する人にとっては、非常に大きな武器となります。難易度の高い試験であり、取得者への評価は高い場合が多く、就職・転職には心強い資格となるでしょう。

「通関士の資格について」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧