フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ACTの資格について

ACTの資格について

ACTの資格について

ACTとは、アメリカの大学や短大への進学を希望する学生を対象にした基礎学力テストのことです。日本ではまだ馴染みがありませんが、TOEICをはじめとする学力テストと同様の資格に分類されます。アメリカへの進学・留学以外にも、旅行会社や貿易会社への就職および外資系スタッフ職や営業職を目指す際に活用が可能です。 試験は英語・数学・読解力・理科の4科目で構成され、すべて多肢選択式で実施されます。また別途費用がかかりますが、オプションで論文(ライティング)を追加することができます。アメリカの大学のほとんどが受験に論文を必要としているため、挑戦することをおすすめします。 受験資格に関しては特に規定がなく、誰でも受験することができます。それに加えて受験回数にも制限はなく、何度でも受験できるシステムとなっていますが、受験結果のスコアは、毎回、進学希望先へ提出しなければならないので注意しましょう。

ACTの受験資格と時期

受験の申し込みはACTの公式サイトで行うことができます。日本の試験会場は、東京や名古屋、福岡など計8ヶ所あります。試験の実施日時は会場によって異なるため、受験前に公式サイトであらかじめ確認しておきましょう。 試験結果は各科目、1~36点のスコアで示され、レベル36が満点です。競争率が高い大学・短大を狙うのであれば、それぞれの科目で27以上の獲得を目標にしましょう。ACTはアメリカにおける大学進学に利用されるテストであり、難易度は高めです。過去問題や参考書を活用してきちんと学習してください。 また問題はすべて英語で書かれているため、一定のリーディングスキルが必要になります。対策のためにも英字新聞や洋書などを利用して、普段から英語に触れる環境を作っておくと良いでしょう。

「ACTの資格について」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧