フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格について

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格について

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格について

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護保険制度に精通し、介護が必要な人に適切な支援を行えるようコーディネートする専門家の公的資格です。介護サービス計画(ケアプラン)を立て、高齢者やその家族と介護サービスを提供する事業所との間に立ち、橋渡しを行います。この資格を取得することで、居宅介護支援事業所や介護保険施設、グループホームや老人ホームなど介護・福祉業界の第一線で活躍することができるでしょう。 資格試験は都道府県によって行われるため、各自治体によって多少異なりますが、基本的には5肢択複式のマークシート方式で実施されます。介護支援分野や保健医療サービス分野などから計60問出題され、6~7割の正解で合格となります。 受験するためには、一定の実務経験が必要です。求められる年数は有資格者と無資格者で異なります。介護福祉士や社会福祉士、医師や薬剤師など、医療・福祉関係の国家資格を所有している人は5年以上、そうでない人は10年以上の実務経験が必要です。ただし職種によっては無資格でも5年以上の実務経験で受験可能となる場合もあるので、試験前には要綱を充分に確認しておきましょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格と時期

例年10月に開催されるケアマネージャーの資格試験ですが、試験日程は自治体によって異なります。試験会場は勤務先の自治体が定める場所に、勤務していない場合は居住している自治体が定める場所です。試験では介護保険制度の基礎知識や居宅・施設サービス計画の基礎知識、福祉サービス分野の知識など幅広く問われます。 合格ラインは60~70%と比較的高い水準にありますが、受験にあたり、実務経験が必要な資格である特性上、志望者は勤務を続けながら取得を目指すケースが多いことが特徴です。通信講座などを利用し、短期集中型で学習するなど、自身の環境に合った対策を講じることが大切です。 ケアマネージャーの資格を取得できれば、キャリアアップにつながるなど、介護・福祉業界でのさらなる活躍が見込めるでしょう。

「ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格について」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧