フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性管理栄養士の資格について

管理栄養士の資格について

管理栄養士の資格について

管理栄養士になるには、「栄養士」の免許を取得した後、管理栄養士国家試験を受験し、合格することが必要になります。栄養士の免許を取得するためには、国が指定した栄養士養成施設もしくは管理栄養士養成施設で学び、卒業することが必須です。ただし、栄養士養成施設で学び、管理栄養士国家試験を受けるためには、免許取得後に国が定める施設で一定期間の実務経験を経なければなりません。4年制大学の場合は1年以上、3年制短大・専門学校の場合は2年以上、2年制短大・専門学校の場合は3年以上の実務経験が求められます。4年制の管理栄養士養成課程を修了した場合には卒業と同時に栄養士の免許が得られ、さらに実務経験なしで管理栄養士国家試験の受験も可能となります。
一定規模以上の施設は、管理栄養士の必置が義務付けられているところがあるため、管理栄養士は、栄養士よりも就職面で有利な場合があります。給与面でも優遇されることもあるため、栄養士ではなく、管理栄養士の養成課程を選択する人も多くなっています。就職先として多いのは病院や福祉施設の他、企業、行政施設、保育園などです。最近は病院や福祉施設へ給食を提供する給食会社への就職も増えています。

管理栄養士の受験資格と時期

管理栄養士の国家試験を受けるには、まず栄養士の免許を取得することが必要です。
そして栄養士の免許を取得したのち、一定期間栄養の指導に従事(栄養士養成施設の在学期間と実務経験の合計が5年)または、管理栄養士養成施設を修了して栄養士免許を取得する必要(4年制の大学や専門学校では実習等があり、実務経験が不要となるため栄養士免許資格の取得見込み扱いとなるため、卒業と同時に受験が可能)があります。試験は年1回、例年3月に行われます。

「管理栄養士の資格について」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧