フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性調理師の資格について

調理師の資格について

調理師の資格について

調理師になるには、調理師免許を取得する必要があります。そのためには、「調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上勉強し卒業」する方法と、「飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格する」方法があります。調理師学校を卒業した場合は、無受験で調理師免許を取得することができます。
調理師でなくても飲食店で働いたり、お客さまに料理を提供することは可能ですが、調理の知識が一通りあるとみなされることで就職時に有利になったり、お客さまからの信頼を集めやすいといった利点があります。また、将来、独立して自分の店を持ちたいと思った場合にも、調理師免許を取得していれば、「食品衛生責任者」の資格を取得しなくても開業することが可能です。

調理師の受験資格と時期

調理師の受験資格を得るには、「旅館・簡易宿泊所を含む飲食店営業」、「魚介類を生きたまま販売する営業、魚介類せり売営業を除く魚介類販売業」、「煮物、揚げ物、和え物、焼き物など製造する惣菜製造業」、「学校・病院・寮等の給食施設(継続して1回につき20食以上または1日50食以上の調理実績必須)」において、2年以上調理業務に従事したことを証明する調理業務従事証明書が必要となります。
飲食店の経営や皿洗いなど調理に関わっていない場合や週当たり4日以上かつ1日6時間以上継続して従事していないアルバイト・パート勤務、食品衛生法による営業許可のない施設での調理業務や家庭での調理行為は実務経験として認められませんので、注意しましょう。
調理師試験は例年1回、6月~11月の時期に行われます。試験時期、試験実施回数は都道府県ごとに異なり、神奈川県では年に2回試験が行われます。どこの都道府県でも受けられるので、複数回受験することも可能です。

「調理師の資格について」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧