フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性園芸療法士の仕事内容

園芸療法士の仕事内容

植物を通じて心身のケアを促す「園芸療法士」の具体的な仕事内容とは?

園芸療法士の仕事内容

園芸療法士の仕事は、植物の栽培やガーデニングを通じてさまざまな問題を抱える対象者の心身をケアすることです。老人性痴ほう症の進行を抑えたり、障がいを抱える子どもの情操教育を促したりと、身体と精神に健康をもたらすことを目的として働きます。
植物は、観賞して楽しめるだけでなく、育て、収穫することで喜びも感じられるものです。園芸療法士は、園芸の知識をはじめとして、医療や福祉、心理、教育など幅広い知識を用いて、対象者に合った植物を選定し、一緒に育てていきます。対象者の問題を把握してプログラムの計画と準備を行い、実行していくことが主な仕事です。

園芸療法士の求人特徴

現代社会においては、ストレスを抱える人が増加していることから、ストレスの軽減や意欲回復の効果が期待できる園芸療法を行う、園芸療法士のニーズが高まっているといえるでしょう。
園芸療法士の主な勤務先は、病院や老人ホーム、デイケアセンター、特別支援学校、障がい者施設などであり、働くにあたって特別な資格は必要ありません。医師や作業療法士、介護福祉士、保育士などの業務の一環として取り入れられるケースが多いようです。

園芸療法士に求められる人物像

園芸療法士は、花をはじめ、植物が好きな人に向いています。自分のためではなく医療を目的としたガーデニングを行う職業であるため、植物に関する幅広い知識が必要となるでしょう。植物の種類や育て方などを勉強することが苦ではなく、楽しめる人が求められます。
また、会話が好きであることも大切な要素です。子どもから年配の方まで、幅広い世代の人々と接する機会が多く、誰とでもスムーズにコミュニケーションがとれ、会話を楽しみながら一緒に植物を育てていける人が望ましいです。

「園芸療法士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧