フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性スノーボードインストラクターの仕事内容

スノーボードインストラクターの仕事内容

スノボードの技術と楽しさを伝える「スノーボードインストラクター」とは?

スノーボードインストラクターの仕事内容

スノーボードインストラクターの仕事は、ウィンタースポーツのひとつであるスノーボードの技術指導をすることです。技術の向上はもちろん、マナーやスキーの楽しさを教えることを目的として働きます。
具体的には、ゲレンデのスノーボード教室などで実際のレッスンを行います。初心者向けから上級者向け、さらにフリースタイルやハーフパイプなどさまざまなコースがあるため、生徒の実力や目的に合わせて柔軟に指導することが必要です。そのため、インストラクター自身にも高いスノーボードの技術力が求められる仕事です。

スノーボードインストラクターの求人特徴

スキーと人気を二分するほど、スノーボードがウィンタースポーツとして広く浸透してきていることから、スノーボードインストラクターのニーズも上昇しているといえます。勤務地は、全国各地のゲレンデが主となります。
スノーボードインストラクターとして働くには、資格の取得が必須です。まずJSBA主催の「バッジテスト」の1級を取得した後に、同協会認定のスノーボードインストラクター資格試験に臨むことになります。また、有事の際に備えて、事故防止や手当の基本といったことを身に付けられる救急員救急法資格を取得しておくと望ましいです。

スノーボードインストラクターに求められる人物像

指導者として生徒に、技術、マナー、安全確保の方法を伝えるスノーボードインストラクターには、高いコミュニケーション力が求められます。短いレッスン時間のなかにおいても生徒と打ち解け、信頼関係を築くことが質の高い指導につながるでしょう。
また、向上心のある人に適性がある職業であるともいえます。生徒だけでなく、自分自身の技術も常に磨き、積極的にスノーボードというスポーツの普及活動に貢献できる人が望まれます。

「スノーボードインストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧