フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターの仕事内容

ゲーム制作の責任者「ゲームディレクター」になるには?

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターの仕事は、ゲーム制作チーム全体を統括することです。ゲーム制作には、デザイナーやプログラマーなど多くの人が関わりますが、その全てを管理し、指揮する現場責任者がゲームディレクターです。
具体的な仕事としては、企画を立てるところから始まります。予算に合わせて人員を配分し、納期に向けてスケジュール調整を行いながらゲーム制作を進めていきます。制作の過程においてスタッフに指示を出し、仕上がりを随時チェックしながらチームをまとめます。また、制作現場だけでなく、プロモーションも担当するケースもあるでしょう。
自分が制作した作品が世の中に出回るため、大きなやりがいを得られる職業だといえます。

ゲームディレクターの求人特徴

ゲームディレクターの主な勤務先は、ゲームメーカーや開発会社です。ゲームディレクターになるために必要な資格は特にありませんが、ゲームディレクターとして募集している場合、「チームの責任者」という立場上、即戦力としての働きが求められるため、経験者が優遇される傾向にあります。
未経験者の場合は、プログラマーやデザイナー、プランナーといった開発スタッフとしての経験を積んでいくところから始めます。そのため、まずはデザインやプログラミングの専門学校で基礎知識やスキルを身に付け、現場で経験を積み、人脈を作りながらディレクターを目指すのが一般的です。

ゲームディレクターに求められる人物像

ゲームディレクターにとって、判断力があることは必須条件です。チーム全体の指揮をとるにあたり、決断を求められる場面は非常に多いでしょう。制作中にトラブルやハプニングが発生する場合もあります。落ち着いて最適な選択をするよう努めることが求められます。
また、信念を持った人材であることも大切です。「良いゲームを作り上げる」という目標に向かって、様々なスキルを持つメンバーをまとめ上げる情熱があると望ましいでしょう。

「ゲームディレクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧