フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性メディカルトレーナーの仕事内容

メディカルトレーナーの仕事内容

ケガ・故障を回復させる専門家「メディカルトレーナー」ってどんな仕事?

メディカルトレーナーの仕事内容

メディカルトレーナーは、身体トラブルを抱えた人に対して、回復方法の指導、援助を行う職業です。故障したプロのスポーツ選手から腰痛などを患う一般の方まで、幅広い患者を対象とし、医学的知識と技術をもってリハビリや健康増進をサポートします。
主な業務範囲は、対象者が抱えるトラブルの原因の把握、一人一人に合った身体の動かし方の指導です。具体的には筋力トレーニングやストレッチの指導、テーピングによるリハビリサポート、普段の生活におけるアドバイスなどが挙げられます。スポーツと医学の両方の知識を持ち、コーチなどの運動指導者や医師などの医療関係者と連携しながら、対象者の体調を健康に導いていきます。

メディカルトレーナーの求人特徴

スポーツ人口の増加や高齢化社会の進行に伴い、メディカルトレーナーの需要は高まってきています。スポーツ業界と医療業界の双方で活躍することができる可能性があり、主な勤務先としては、スポーツ施設やフィットネスクラブ、治療院や接骨院、病院の整形外科、福祉関連施設など多岐にわたります。
メディカルトレーナーを目指すうえで、必須となる資格は特にありません。しかし、身体のケアに必要な医学的知識を備えていることが求められるでしょう。そのため、専門学校などで整形外科学を学ぶ人が多く、特に柔道整復師や作業療法士、鍼灸師といった国家資格を取得すると、採用の際にアピールポイントとなるでしょう。

メディカルトレーナーに求められる人物像

メディカルトレーナーには、患者への思いやりが求められます。多くの患者は深い悩みを抱えているため、話や意見をきちんと聞き、最適な方法を提案することが必要です。患者の身体トラブルに対して親身になれるような、温かな姿勢が問われるでしょう。
また、会話が好き、得意という人が重宝される傾向にあります。メディカルトレーナーは、子どもから大人まで幅広い世代を相手にします。さまざまな話題で円滑なコミュニケーションを取り、しっかりと信頼関係を深めていくことで、身体のトラブルが起こったときにも一緒に乗り越えていくことができるでしょう。

「メディカルトレーナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧