フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ボイラー溶接士の仕事内容

ボイラー溶接士の仕事内容

溶接の専門家「ボイラー溶接士」の仕事内容とは?

ボイラー溶接士の仕事内容

ボイラー溶接士とは、ボイラーの製造、修理を行うことができる溶接のスペシャリストです。ボイラーは工場や蒸気機関車、火力発電所など重要な機関に設置されており、非常に溶接の難度が高いとされています。
ボイラー溶接士には、普通ボイラー溶接士と特別ボイラー溶接士の2種類があります。『普通ボイラー溶接士』は、一定のボイラーの溶接やフランジなどの溶接、『特別ボイラー溶接士』は、全てのボイラーの溶接ができます。普通ボイラー溶接士で実務経験を積むことで、特別ボイラー溶接士への受験資格を得られるため、目標としている人も少なくありません。

ボイラー溶接士の求人特徴

ボイラー溶接士は、労働安全衛生法で定められた国家資格です。学科試験のほかに実技試験も実施されることから、ボイラー溶接を扱う企業で見習いとして学び、実務経験を積みながら資格の取得を目指す人が多いようです。
主な勤務先は、ボイラー制作会社や工業関連企業です。専門職のため、ニーズは比較的高いといえるでしょう。所有していると、昇級や年収アップを見込めるケースもあるため、注目を集めている資格でもあります。なお、実務に従事していないと機能の維持が難しいことから免許には有効期限があるため、更新手続が必要となります。

ボイラー溶接士に求められる人物像

ボイラー溶接士には、責任感の強さが問われます。ボイラーの製造や修理には、高度な技術が必要とされるだけでなく、ひとつのミスが大事故にも繋がりかねない特性上、常に丁寧で確実な仕事が求められます。
また、根気強い人に向いている職業でもあります。一定の技術を身に付けるために、コツコツと腕を磨いていける人が望まれるでしょう。

「ボイラー溶接士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧