フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性インダストリアルデザイナーの仕事内容

インダストリアルデザイナーの仕事内容

身近な製品をデザインする「インダストリアルデザイナー」の仕事内容とは?

インダストリアルデザイナーの仕事内容

インダストリアルデザイナーは、文房具・日用品・家電製品など工業製品のデザインをする職業です。カメラ、OA機器、ボールペンや歯ブラシなど、そのデザイン対象は多岐にわたります。
単に魅力的な外観にすればよいというわけではなく、使いやすさや機能性・安全性、またコストを考えてデザインすることが必要です。そのため、インダストリアルデザイナーは商品企画の段階から打ち合わせに参加、情報収集を行い、他のエンジニアと協力しながらシミュレーションを繰り返し、最終的なデザインを構築していく、という流れで仕事をします。
自分がデザインした商品が世に出回るため、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

インダストリアルデザイナーの求人特徴

どの業界においても、技術の進歩に伴い製品の多様化が進み、オリジナリティが求められる時代となりました。そのため、インダストリアルデザイナーのニーズは上昇傾向にあるといえます。
勤務先としては、家電メーカーなどの工業製品メーカー、デザイン事務所や設計事務所、建築会社などが主になります。多くの場合は正社員として求人募集が出されていますが、専門的な知識と技術が必要となるため、工業デザイン養成コースを扱う大学や専門学校で基礎知識を学ぶ人が多いようです。企業によっては、大学卒業を採用要件としている場合もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

インダストリアルデザイナーに求められる人物像

インダストリアルデザイナーは、時代のニーズに敏感であることが求められます。製品をヒットさせるためには、トレンドを押さえたデザインが必要です。今、世間では何が流行しているのか、どんなデザインが受け入れられるのかを把握するには、常に世の中の動向にアンテナを張っている人が向いているでしょう。
また、他の意見を取り入れられる柔軟性も大切です。自分の好きなようにデザインするのではなく、クライアントの要望にもきちんと応えたデザインができると、より重宝されるでしょう。

「インダストリアルデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧