フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性脚本家の仕事内容

脚本家の仕事内容

ヒット作を世に送り出す「脚本家」の仕事内容とは?

脚本家の仕事内容

脚本家の仕事は、映画やテレビドラマ、舞台、ゲームなどの設計図ともいえる「脚本」を書くことです。作品はオリジナルであったり、原作があったりと、そのときどきで異なります。
小説家との違いは、一人で書き上げるのではなく、監督や現場の意見を取り入れる点にあるでしょう。そのため、監督やプロデューサーとは随時打ち合わせを行い、物語や設定、登場人物や場面などを決めていきます。テレビドラマの脚本の場合は、視聴者の反応によってシナリオを変えていくことも少なくありません。
また、物語の中で誰が発言したかわかるようにセリフの前に名前を入れるなど、書き方も小説とは大きく異なります。

脚本家の求人特徴

テレビ番組のチャンネル数の増加や、インターネットにおける配信コンテンツの登場により、脚本家が活躍できる舞台は以前よりも広がりを見せています。そのため需要自体は増加傾向にあるでしょう。
脚本家になるには、シナリオスクールで基礎知識を学ぶ、もしくはシナリオコンクールで賞を獲得するという大きく分けて二つの道があります。また、自分の脚本を直接テレビ局に売り込む、活躍している脚本家のアシスタントになるといった方法からスタートする場合もあります。ただし、どの業界でも知名度のある人気脚本家に仕事が集まる傾向があります。脚本家として活躍するには、実績を積み上げていくことが大切です。

脚本家に求められる人物像

脚本家には、好奇心旺盛な人が向いています。優れたアイデアや人々を夢中にさせるストーリーを生み出すには、幅広い知識や鋭い感性を持つことが重要です。何にでも興味を持ち、すぐに調べることのできる人が望ましいでしょう。
また、協調性も欠かすことのできない資質です。映画やテレビ番組の制作は基本的にチームプレーであるため、周囲の意見を取り入れる柔軟性や、納期を守る責任感がある人が活躍できる職業といえます。

「脚本家の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧