フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性絵本作家の仕事内容

絵本作家の仕事内容

子どもに夢を与える「絵本作家」の具体的な仕事内容となり方は?

絵本作家の仕事内容

絵本作家の仕事は、物語を絵や文章で表現し「絵本」を作ることです。絵と文章の両方を手掛ける人もいれば、絵のみ、または文章のみに特化した人もいます。
具体的な仕事内容としては、まず編集者との打ち合わせから入り、伝えたいテーマや全体の構成、大まかな話の流れ、絵のテイストなどを決めていきます。文章のみの作家であれば、イラストを描く人を選定する必要もあるでしょう。その後は制作作業に入り、細かい打ち合わせやチェックによる修正を重ねながら、作品を完成させていきます。
また、絵本作家として人気が出ると、講演会やサイン会といった制作以外の仕事も発生します。

絵本作家の求人特徴

少子化傾向を受け、各家庭が子ども一人当たりにかける教育費は高まっており、絵本の市場は安定しています。絵本作家のニーズも一定数存在するうえ、近年は大人が絵本を愛好するケースもあり、活躍の場は今後も広がっていくことが予想されるでしょう。
絵本作家になる道としては、作品の持ち込みやコンクールでの入賞を目指すのが一般的です。イラストレーターや作家など別の職業と兼業していることも多いようです。絵本は比較的流行に左右されにくく、読み聞かせ絵本の定番として、出版後長きにわたって売れ続けるケースもあります。

絵本作家に求められる人物像

絵本作家には、洞察力がある人が向いています。物語を考える際は、日常生活からアイデアを拾い出していくことになりますが、他の人が見過ごしてしまうような小さな出来事にも注目し、ストーリーを膨らませていけるような力が必要になるでしょう。
また、独創性があることも大切です。既存の昔ばなしに絵をつける仕事もありますが、その場合でもオリジナリティを持って作品を制作し、作品の魅力をより引き出すよう心掛けると活躍のチャンスが広がるでしょう。

「絵本作家の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧