フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性カメラクルーの仕事内容

カメラクルーの仕事内容

番組制作を支える職人「カメラクルー」の仕事内容となり方は?

カメラクルーの仕事内容

カメラクルーの仕事は、テレビ番組の制作現場で大型カメラ・小型カメラを用いて映像を撮影することです。大別すると、スタジオ内で収録や生放送を担当するスタジオカメラクルーと、外でロケやニュースの取材を担当する屋外カメラクルーに分けられます。
スタジオカメラクルーは、基本的にディレクターの指示に従って撮影をする仕事です。複数人でチームを組むことが多く、何をいつズームで撮影するかなどを事前に綿密に打ち合わせた上で撮影に臨みます。
屋外カメラクルーは、一人で撮影を担当することや取材そのものを兼任することもあります。打ち合わせも行いますが、臨機応変に対応する力を求められるシーンも多いでしょう。
いずれの場合も、あらゆる状況に応じて、よい映像を撮るために尽力します。映像そのもの、ひいては番組の良し悪しを左右することもあり得る職業です。

カメラクルーの求人特徴

地上波放送だけでなく、デジタル配信専用などテレビ番組の数が増加しているため、カメラクルーの需要も若干上昇傾向にあります。ただし、未経験者の採用はほとんどなく、経験者・ADのステップアップ先としての立ち位置である場合が多いため、時間をかけて経験を積んでいく必要があります。
主な勤務先は、テレビ局や番組制作プロダクションです。映像の専門学校や大学の工学部を卒業後、はじめはアシスタントとして勤務しながら撮影の技術や知識、現場の雰囲気を学んでいきます。サード・セカンド・チーフと順を追って経験を積み、一人前のカメラクルーとして活躍できるようになります。

カメラクルーに求められる人物像

まず、カメラクルーにとって体力は必須の要素です。現場では重量のあるカメラを担ぎながら、長時間の撮影に臨むことになります。場合によっては撮影が深夜にまで及んだり、外を延々と歩き回ったりすることもあるはずです。
また、一人前のカメラクルーとして働くためには、数年から10年程度は掛かると言われることもあります。コツコツと努力を重ねて技術を磨いていける、根気強さが求められるでしょう。

「カメラクルーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧