フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性制作デスクの仕事内容

制作デスクの仕事内容

意外と知られていない「制作デスク」の仕事内容とは?

制作デスクの仕事内容

制作デスクの仕事は、番組制作を事務的な面から補助することであり、基本的にデスクワークが中心となります。具体的な仕事内容は、予算の管理や経費の精算、伝票処理や出演者の報酬振り込み、データ管理などが主です。会社の窓口として関連会社とのやり取りや受付業務、スケジュール確認なども担当します。
ときには出演者の楽屋を準備したり、食事の手配を行ったりすることもあります。制作チームが現場に集中できるよう、事務的な業務を担うのが制作デスクです。

制作デスクの求人特徴

主な勤務先は、テレビ局や番組制作会社です。全国的に一定の求人数がありますが、マスコミ業界の中でも特に人気のある職業のため、競争率は比較的高い傾向にあります。
勤務形態は派遣社員が多く、未経験者でも働くことができますが、番組制作やデスク経験者は優遇されるでしょう。また、制作デスクになるために必要な資格は特にありませんが、事務や経理などのスキルがあると、採用の際にアピールポイントになります。

制作デスクに求められる人物像

制作デスクには、柔軟性がある人が求められます。ただ事務をこなすだけでなく、現場がスムーズに進行できるように、自分で考えて行動することが必須であるため、ホスピタリティが高く、状況に応じて臨機応変に対応できる人が向いているでしょう。さらに、社内スタッフと取引先などとの橋渡し役になることが多いので、コミュニケーションスキルがあるとさらに望ましいと言えます。
また、ギャラ清算や領収書の清算など経理処理を行うため、数字や計算に強い人は向いているでしょう。

「制作デスクの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧