フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ウェブディレクターの仕事内容

ウェブディレクターの仕事内容

Webサイト制作のまとめ役「ウェブディレクター」ってどんな仕事?

ウェブディレクターの仕事内容

ウェブディレクターは、Webサイト制作チームのまとめ役です。企画から進行、管理まで全てを統括し、クライアントの要望に沿ったWebサイトを提供することが仕事です。
仕事の流れとしては、まずクライアントと打ち合わせを行い、Webサイトの企画をまとめます。そしてWebデザイナーやプログラマー、コーダーなどに適切な指示を与え、随時仕上がりをチェックしながらスケジュールの進行管理を行っていきます。ときには自ら取材や撮影に赴くこともあり、限られた予算や時間の中で、スタッフをまとめてクオリティの高いWebサイトを提供することがウェブディレクターの役割と言えます。

ウェブディレクターの求人特徴

近年、インターネットは業種を問わず、あらゆる企業で広く利用されるようになっています。Web関連業界全体の需要が増加している中で、ウェブディレクターのニーズも高まっているといえるでしょう。特に、広告代理店やWeb制作会社、システム開発会社やサービス事業会社で必要とされる傾向にあります。
ウェブディレクターは、制作チームを統括する立場であるため、基本的に経験者が求められます。プログラミングやコーディングだけでなく、構成力やマネジメント力など幅広い知識が問われるでしょう。未経験の場合は、Webデザインを学べる養成学校で知識を得ることからはじめるのが一般的です。

ウェブディレクターに求められる人物像

ウェブディレクターにとって、コミュニケーション能力は必須スキルです。クライアントと制作チームの橋渡しを担うポジションであり、相互の意見を取り入れてうまく着地点を探していく必要があります。相手の話をきちんと聞くことができ、スムーズに会話ができるといったコミュニケーション能力があると望ましいでしょう。
また観察力も重要な要素です。全体の管理を行う上で、何を行うべきなのか、誰に任せるべきなのか、作業にはどれくらいの時間が必要なのかといったことを見定めるために、常に冷静に状況を把握できる人材が求められるでしょう。

「ウェブディレクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧