フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ブックデザイナーの仕事内容

ブックデザイナーの仕事内容

本の顔を作る「ブックデザイナー」の仕事とは?

ブックデザイナーの仕事内容

「装丁家」と呼ばれることもあるブックデザイナーは、表紙や帯、ブックカバーなど、本の「顔」となる外観デザインを担当する仕事です。本の内容をもとに、人々が思わず手に取りたくなるようなデザインを考案することが主な業務となります。
そのために、まずは作者や編集者との打ち合わせを行い、本の内容やターゲットを把握します。次に本文を読んで内容からイメージを膨らませ、複数のデザイン案を提出し、打ち合わせを重ね、イラストや写真など必要な素材を集めたうえで、最終的なデザインを制作します。場合によっては表紙に布やビニールなどの素材を用いて、本のイメージを表現することもあります。

ブックデザイナーの求人特徴

ブックデザイナーは、基本的にフリーランスで行う職業であり、グラフィックデザイナーやイラストレーターと兼業している人が多いことが特徴です。
独立するまでは出版社で編集を担当したり、デザイン事務所でデザインの経験を積んだりする人も少なくありません。そのため、まずは美術系の大学やデザインの専門学校で基礎的な技術を学び、関連会社に就職するケースが一般的です。その他、実践的な経験を積みたい人は、活動しているブックデザイナーのもとでアシスタントを務めながら学んでいく方法もあるでしょう。

ブックデザイナーに求められる人物像

ブックデザイナーには、相手の話をきちんと聞ける人材が求められます。この仕事は、自分の好きなようにデザインをすればよいというものではなく、顧客からの依頼に応えることが大切です。打ち合わせでしっかりと要望を聞き出した上で、自らのアイディアの提案をするためにも、意志の疎通を図るコミュニケーション能力が必須です。
また、最適なデザインをするには、その本の内容をきちんと読んで把握しておく必要があるため、読書が好きな人により向いていると言えます。

「ブックデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧