フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性翻訳者の仕事内容

翻訳者の仕事内容

ベストセラーも夢じゃない「翻訳者」の仕事内容とは?

翻訳者の仕事内容

翻訳者の仕事は、外国語で記述された内容を日本語に翻訳することです。活躍する場面は多岐にわたり、大別して実務翻訳・出版翻訳・メディア翻訳に分けられます。
実務翻訳は、翻訳業界の業務シェアの多くを占めると言われており、マニュアルや契約書など主にビジネス面で必要とされる翻訳です。医療やITなど、各分野の専門的な知識が求められます。
出版翻訳は、小説や雑誌、ビジネス書や絵本など海外の文芸作品の翻訳で、文芸翻訳とも呼ばれます。その作品の雰囲気やジョーク、日常表現なども理解し、それらが読者に伝わるように翻訳する必要があります。
メディア翻訳は、映画やドラマ、ニュースやドキュメンタリーを対象とした翻訳です。字幕の制作や吹き替え用の元原稿の制作を行います。限られた文字数に収めながら翻訳するテクニックなどが特に求められます。

翻訳者の求人特徴

近年は、あらゆる業界でグローバル化が進み、諸外国が従来よりも身近な存在となってきています。そのため、翻訳が必要な場面は増えており、翻訳者のニーズも増加傾向にあります。
企業に勤めるのであれば、翻訳プロダクションや出版社、商社や映画配給会社などが主な選択肢となるでしょう。ただ、翻訳者は、フリーランスで活躍する人が多い職業でもあります。なかには兼業で、別の仕事をしながら、翻訳業を行っている人もいます。
また、翻訳者になるための特別な資格はありません。仕事を得るには、とにかく実績を積むことが近道となるでしょう。翻訳能力にプラスして、得意な分野や専門分野があると、アピールポイントとなるでしょう。

翻訳者に求められる人物像

翻訳者は知的好奇心がある人に向いている職業です。翻訳をする際には、他国の文化や歴史を理解する必要があります。分からないことや知らないことを積極的に調べ、自分のものにできれば、より適切な訳を導き出すことにもつながるでしょう。
また、思いやりを持っている人材であることも大切です。翻訳は、多くの読者のために行うものです。読み手が分かりやすい内容に書き替える必要があります。書き手の意図を汲みながら、読み手に伝わりやすい適切な表現を当てはめるといった細かい気配りができる人が望ましいと言えます。

「翻訳者の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧