フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性音声の仕事内容

音声の仕事内容

メディアを作る「音声」の仕事内容となり方とは?

音声の仕事内容

音声の仕事は、映像制作に必要な音の収録・調整・編集を行うことです。テレビや映画をはじめとしたメディアを通じて伝わる音の全てを担当します。
具体的な仕事内容は、大きく2種類に分けられます。撮影現場でガンマイク・ピンマイクを使用して出演者の声や周囲の音を拾う「収録」と、スタジオ内で収録した音声をミキサーで調整したり効果音を付けたりする「編集」です。それぞれ専門のスタッフで作業を進めるケースがほとんどですが、小規模のプロジェクトであれば、1人でどちらも担当するケースもあります。

音声の求人特徴

音声の主な勤務先は、テレビ局、放送局、番組制作会社です。首都圏だけでなく全国的に一定数の求人情報が存在しますが、企業によっては競争率が高い場合もあります。
音声になるために必須の資格は特にありません。ただし、理系大学出身者を採用条件に定めている企業もあるため、応募前には要綱を必ず確認するようにしましょう。また音声や映像の専門学校で基本的な知識・技術をあらかじめ身に付けておくと、就職が有利になるケースもあるようです。

音声に求められる人物像

音声には、コミュニケーション能力がある人が求められます。仕事中は基本的にチームでの行動となるため、ほかの技術職や出演者とかかわる場面は多いです。円滑に業務を進めるには、会話が得意なほうが良いといえます。
さらに体力があることも欠かせない重要な適性と言えるでしょう。仕事の性質上、労働時間が不規則で深夜まで撮影が及ぶことも珍しくありません。現場によっては一日中機材を担いで歩き回ることもあるため、タフに乗り切ることのできる人は、活躍できる人材になり得ます。

「音声の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧