フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性グリーンコーディネーターの仕事内容

グリーンコーディネーターの仕事内容

緑あふれる空間を演出する「グリーンコーディネーター」になるには

グリーンコーディネーターの仕事内容

グリーンコーディネーターの仕事は、花や観葉植物を用いて室内外の空間を演出することです。お客様から依頼を受けたのち、企画・施工・メンテナンスといった一連の工程すべてを担当します。
手掛ける空間は、オフィス、商業施設、店舗、ホテルなど多岐にわたり、それぞれの空間に適した植物を選定するのが主な業務となります。たとえば店舗の場合、陳列商品および全体の雰囲気だけでなく、照明の当たり具合や人の動きなどを考慮して、設置場所や植物の種類・レイアウトを決定します。また、依頼内容によっては植物の育て方を指導する場合もあります。

グリーンコーディネーターの求人特徴

近年世界中でエコへの関心が高まっているなかで、空気を綺麗にする植物には特に注目が集まっています。店舗やオフィスだけでなく個人の住宅でも植物を取り入れるケースが増えており、グリーンコーディネーターの需要は増加しているといえます。
主な勤務先は、園芸店、生花店、造園業者、植物リース会社、インテリア会社です。これら求人情報は、求人ポータルサイトや求人雑誌で見つけることができます。
グリーンコーディネーターになるための必須資格は特にありませんが、「フラワー装飾技能士」「園芸装飾技術士」といった関連資格を取得していると、採用の際にアピールポイントになるでしょう。

グリーンコーディネーターに求められる人物像

グリーンコーディネーターには、好奇心旺盛な人が求められます。空間に合った植物を選定するためには、インテリアや建築など植物以外の知識も広く必要になってきます。幅広い分野の知識を吸収する意欲があり、多角的に物事を考えられる姿勢は欠かせないものになるでしょう。
また体力がある人も望まれます。コーディネートでは自分で施工業務も行うため、重い植木鉢などを運ぶこともあります。運搬作業を行う日などもあり、体力があったほうがよりスムーズに業務を進めることができるでしょう。

「グリーンコーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧