フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性心理判定員の仕事内容

心理判定員の仕事内容

問題解決の糸口を探す「心理判定員」の仕事内容とは?

心理判定員の仕事内容

心理判定員の仕事は、心理学的見地から障がいを抱える人や問題を抱えた児童の自立支援を行うことです。精神科医をはじめとする医療スタッフと連携し、ひとりの対象者を支えます。
具体的には対象者の心理状況を把握し、適切な支援策を提案します。心理状況を把握するには心理テスト、知能テスト、個人面談などさまざまな方法を使います。状況を把握したのちほかのスタッフと共に、レクリエーションやクラブ活動といった個人に適した心理療法で心の解放と自立を促します。

心理判定員の求人特徴

心理判定員の勤務先は、児童相談所・身体知的障害者更生相談所などの行政機関です。勤務先となる施設数が限られているため、募集人数が少ない傾向にあります。
行政機関での勤務となるため、就職にあたっては公務員試験の合格が必須条件です。さらに合格後は任用資格である「心理判定員資格」の取得が求められます。大学および大学院で心理学を専攻し、専門知識を身に付けながら資格取得を目指す人が多いです。

心理判定員に求められる人物像

心理判定員には、協調性がある人に向いています。ほかの医療スタッフと連携を図りながら対象者の支援を行うため、協力姿勢は欠かせないものだといえます。対象者に不安を抱かせないためにも内部での連携ミスは極力起こさないことが大切です。
また、精神力のある人も望まれます。デリケートな事例を扱ったり、対象者の緊急時には夜間でも駆けつけたり、業務を行う上で精神力が求められる場面は多いです。対象者に寄り添い、親身になれる人は心理判定員として活躍できることでしょう。

「心理判定員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧