フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性障がい者スポーツ指導員の仕事内容

障がい者スポーツ指導員の仕事内容

障がい者にスポーツの魅力を伝える「障がい者スポーツ指導員」とは?

障がい者スポーツ指導員の仕事内容

障がい者スポーツ指導員の仕事は、障がいを持った人に対してスポーツの指導を行い、身体を動かすことの楽しさや喜びを伝えることです。地域の障がい者スポーツ大会の企画を担い、地域スポーツ活動の支援・振興を目指す役割もあります。
障がい者スポーツ指導にあたっては、障がいに対する深い理解や心理的・医学的な知識が求められます。それを踏まえたうえで、事故防止のための安全確保や補助具の取扱いなどの配慮をしながら指導を行います。

障がい者スポーツ指導員の求人特徴

パラリンピックの影響により、障がい者スポーツは広く知られるようになりました。競技による運動促進効果だけでなくリハビリ効果も見込めるその有効性から、取り組む人は年々増加しています。それに伴い障がい者スポーツ指導員のニーズも高まりつつありますが、ほかの職業と比べると、まだ求人数は少ない状況です。障がい者支援団体などではボランティアを募集しているため、現場での経験を積み、事前にアピールポイントを増やしておくと良いでしょう。
障がい者スポーツ指導員になるには、日本障がい者スポーツ協会が認定する専門資格が事実上必須です。初級から上級まであり、上級の取得者は障がい者スポーツの全国大会やパラリンピックの運営に携わる道も見えてきます。

障がい者スポーツ指導員に求められる人物像

障がい者スポーツ指導員には、向上心のある人が求められます。障がいを抱えた人を相手にするため、運動の知識だけでなく医学をはじめとしたさまざまな知識を要します。障がいを持った人と共に一歩ずつ成長するような、前向きな心構えがあると良いでしょう。
また親しみやすい人柄も望まれます。生徒との信頼関係を構築するために、知識的な習熟はもちろんのこと、円滑なコミュニケーションをとることができ、スポーツの楽しさを伝えられるような人が向いているといえます。

「障がい者スポーツ指導員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧