フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性校正者の仕事内容

校正者の仕事内容

出版物の信頼を支える立役者「校正者」の仕事内容となり方は?

校正者の仕事内容

校正者の仕事は、新聞・雑誌・単行本などの発行物を出版前にチェックし、内容の確認を行うことです。印刷物と元原稿を照らし合わせ、誤字・脱字をはじめとしたあらゆるポイントに目を向けます。
具体的には、日本語として使い方を誤っていないか、文章構成は適切か、送り仮名は正しく書かれているか、表記は統一されているかなどを細かく確認します。情報の正誤を確かめるのも仕事のひとつであり、内容に疑問が生じた際には、辞書やインターネットなどを活用して調査を行うこともあります。

校正者の求人特徴

出版物は従来、紙媒体が主流でしたが、近年はインターネットの発達により電子書籍が増えはじめています。この影響を受け出版物は増加傾向にあり、校正者の需要も上昇しつつあります。
主な勤務先は、出版社や編集プロダクション、校正専門会社です。業務委託およびフリーランスとして活躍する人も多いようです。希望先への応募に際して特別な資格は必要ありませんが、日本語の用法や語彙に長けていると良いでしょう。技術の証明となる「校正技能検定」を取得していると、就職の際にアピールポイントになる場合もあります。

校正者に求められる人物像

校正者には、集中力のある人に向いています。出版物丸ごと1冊を担当するケースもあり、膨大な文章の中から細かな間違いを正確に見つけ出すことが求められます。
また好奇心が旺盛な人も望まれます。文法に限ったことではなく、内容について自分が疑問に感じたことは、ほかの読者も理解できない可能性があります。感じた疑問を放置することなく、真っ先に調べられる好奇心は、校正の観点においても、リスクヘッジに繋がることがあるでしょう。

「校正者の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧