フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの仕事内容

企業を支えるデータの専門家「データベースエンジニア」とは?

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの仕事は、パソコンのネットワーク上におけるデータベースの設計・構築・運用を行うことです。データベースとはデータを集めて管理し、必要時に簡単に取り出せるようにしたものを指します。勤務先の顧客情報や商品情報の管理全てを担当することもあるため、データベースエンジニアの責任は大きいといえるでしょう。
またデータベースエンジニアは、既存のデータベース製品を扱い最適なデータベースを作る「ソフトウェア開発設計」、データを保存するストレージ・サーバーの最適化を図る「ハードウェア管理者」、セキュリティのバックアップなどデータベースの運用を行う「データベース管理者」の3つに大別することができます。

データベースエンジニアの求人特徴

近年あらゆる企業がインターネットを活用し、企業情報をパソコンで管理するようになりました。データ管理のスペシャリストであるデータベースエンジニアの需要は高まり、活躍の幅は拡大しています。
データベースエンジニアになるには、プログラマー・やエンジニアとしての専門的な知識・技術が必要です。そのため専門学校や理工系の大学で基礎的なスキルを身に付けるのが一般的です。マイクロソフト認定資格をはじめとしたデータベース関連資格の取得しておくと、採用の際にアピールポイントになるでしょう。

データベースエンジニアに求められる人物像

データベースエンジニアには、協調性があることが求められます。1人でデータベースの管理を行う作業を行うケースもありますが、ほかのエンジニアスタッフとチームを組み、プロジェクトを担当することも少なくはありません。プロジェクトを円滑に進めるためにもコミュニケーション能力が望まれます。
また忍耐力があることも大切な適性です。集中力が切れてしまうと、データベースの情報の毀損や消失など、大きなトラブルに繋がりかねません。作業が長時間に及ぶこともあり、正確さを欠かずに地道に作業に徹することのできる人が向いているといえます。

「データベースエンジニアの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧