フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ブライダルスタイリストの仕事内容

ブライダルスタイリストの仕事内容

花嫁を人生で一番輝かせる「ブライダルスタイリスト」の仕事内容とは?

ブライダルスタイリストの仕事内容

ブライダルスタイリストの仕事は、結婚式で新郎新婦のヘアメイクやドレスアップを行うことです。お客様の希望する式場・挙式スタイルなどを加味しながら、最適なコーディネートをトータルで演出します。
具体的な仕事内容は、結婚式の数ヶ月前からドレス・アクセサリー・ヘアデザインの打ち合わせを行い、新郎新婦の理想に近づくよう準備を進めます。式当日は進行状況に合わせてお色直しを担当し、メイク衣装を直します。新郎新婦だけでなく、ゲストの衣装も担当するケースもあります。
結婚式は人生における大きなイベントのひとつです。大切な式の場に同行し、お客様が喜ぶ顔を見ることができるときなどは、特にやりがいを感じることのできる仕事でしょう。

ブライダルスタイリストの求人特徴

挙式のスタイルが多様化している昨今、専門職であるブライダルスタイリストの需要は一層高まりつつあります。主な勤務先は、結婚式場、ホテルのブライダル部門、ブライダル関連会社です。あらかじめそれぞれの要綱を確認しておくと求職活動がスムーズに進むでしょう。
ブライダルスタイリストになるには、スタイリスト養成学校やブライダル関連スクールで基礎知識を学んだあとに就職するのが一般的です。現場のアシスタントとして下積みを重ねる方法もあります。応募にあたって求められる資格は特にありませんが、美容師、着物着付師、メイクアップ技術検定など関連資格を取得しておくとスキルの証明になり、採用においてアピールポイントとなるでしょう。

ブライダルスタイリストに求められる人物像

ブライダルスタイリストには、柔軟性のある人が向いています。結婚式当日は、式の進行を妨げないようにお色直しをはじめとした業務を手早く行うことが求められます。さらに式までどれだけ入念に準備していても、思わぬハプニングやトラブルは付きものです。その都度柔軟に対応し、最高の演出ができる資質を持っていると大きな武器になり得ます。
また一般常識を備えた人であることも望まれます。基本的にブライダルスタイリストは接客業であり、新郎新婦とコミュニケーションをとる機会は多くあります。礼儀正しい言葉づかいをはじめとして、信頼されるよう努めることが大切です。結婚式に関わる作法等は身に付けて、新郎新婦への適切なアドバイスを行えると良いでしょう。

「ブライダルスタイリストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧