フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ジュエリーコーディネーターの仕事内容

ジュエリーコーディネーターの仕事内容

魅力を引き出すジュエリーを提案「ジュエリーコーディネーター」とは?

ジュエリーコーディネーターの仕事内容

ジュエリーコーディネーターの仕事は、お客様に合った宝飾品や貴金属を提案・販売することです。お客様の希望・好み・状況・予算を判断し、適切なアドバイスを行います。
ジュエリーは高額な商品が多く、お客様が納得したうえで購入してもらうことが望まれます。そのため、購入前に宝石の種類・カットの仕方・特性・お手入れ方法など具体的なアドバイスをする必要があります。ときには歴史的な知識から、製造・加工に関する高度な知見も求められるでしょう。また接客販売だけでなく、商品の陳列・発注・管理など、店舗運営に関する業務もジュエリーコーディネーターの仕事のひとつです。

ジュエリーコーディネーターの求人特徴

結婚指輪に代表されるように、いつの時代でもジュエリーには一定の需要があります。今後もこの傾向は続くと予想され、ジュエリーコーディネーターのニーズは安定しているといえるでしょう。
主な勤務先は、ジュエリー専門店です。応募にあたって特別な資格は必要ありませんが、日本ジュエリー協会が主催している「ジュエリーコーディネーター検定」の取得者は優遇されやすいようです。
ジュエリーコーディネーター検定には、1~3までの等級があります。3級は宝石や製造工程の基礎知識と販売の知識が、1級ではさらに高度な専門知識から店舗運営に関する知識までを求められます。

ジュエリーコーディネーターに求められる人物像

ジュエリーコーディネーターは接客販売が主な業務になるため、会話が好きな人が望まれます。お客様とのコミュニケーションからニーズを読み取り、最適なジュエリーを提案する必要があることからも、欠かせない資質です。
また、ホスピタリティを持っていることも大切です。多くのお客様にとって、ジュエリーは大きな買い物です。購入されたジュエリーに満足してもらうために、提案においてはジュエリーコーディネーター自身の高いホスピタリティが求められるのです。

「ジュエリーコーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧