フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性調香師の仕事内容

調香師の仕事内容

香りを生み出すスペシャリスト「調香師」の仕事内容となり方は?

調香師の仕事内容

調香師の仕事は、化粧品・生活用品・食品などといった製品に用いられる「香り」を作り出すことです。数千種類にも及ぶ香料を調合し、新たな香りを作ります。
調香師の呼び名は、扱う商品によって2種類に分けられます。ガムやお菓子などの食品、または歯磨き粉などの口に入れる製品に香りを付ける調香師を「フレーバリスト」、それ以外のシャンプーや化粧品、入浴剤や芳香剤などの製品に香りを付ける調香師を「パフューマー」と呼びます。近年は製品開発だけでなく、オフィスをはじめとした生活空間で香りを演出する仕事も増えています。

調香師の求人特徴

調香師の主な勤務先は、化粧品メーカー、食品メーカー、薬品会社です。業界として求人情報はそれほど多くなく、その分、即戦力が求められる傾向にあります。
応募するにあたっての必須資格はありませんが、香りの専門知識や調合の技術が必要となります。未経験者の場合は、調香師養成学校および化学・薬学系の大学でスキルを磨いてから挑戦するのが一般的です。さらに専門性を高めたい人は、調香師の本場であるフランスに留学し、経験を積むのも良いでしょう。

調香師に求められる人物像

調香師は、まず香りが好きであることが基本の資質です。香りを作るためには多くの香料の種類や特徴を覚える必要があるので、自分の嗅覚に自信があり、香りを嗅ぐことが好きな人に向いています。
また柔軟性も大切です。香りは時代によってニーズが変化していくことがあるため、流行を捉えて、その時々のニーズに合った香りを作り出せる人が求められます。自分の好きな香りにこだわらず、広い視野を持って香り作りに取り組める人が望まれます。

「調香師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧