フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性MAミキサーの仕事内容

MAミキサーの仕事内容

映像作品の音を作る!「MAミキサー」のなり方と仕事内容を紹介

MAミキサーの仕事内容

MAミキサーは、映像作品に音を組み合わせ、完成品に仕上げる仕事です。普段目にするテレビ番組やCM、映画などには、さまざまな音が使われていますが、全てがはじめから付いているわけではなく、ほとんどはMAミキサーの手によって後付けされています。
具体的には、撮影時に収録した音をもとにミキシングや編集を行ったあと、BGMや笑い声、拍手などといった効果音を入れます。作業には、ミキサー、コンピュータ、CDプレーヤーなどを用いるのが一般的です。

MAミキサーの求人特徴

映像作品を扱う現場には欠かせない存在であり、MAミキサーのニーズは常に一定数を保っています。テレビ局や映像制作会社、レコーディングスタジオなどが主な勤務先であり、活躍したい分野に合わせて選ぶことになります。求人情報は、各企業サイトや求人ポータルサイト、求人雑誌で見つけられるでしょう。
ただ、就職してすぐにMAミキサーとして働くケースは稀で、一般的には専門知識と技術力、業界知識などを十分に蓄えたうえで任されます。MAミキサーになるまでに要する期間は、およそ3年程度が一般的とされていますので、あらかじめ理解しておくことが必要です。

MAミキサーに求められる人物像

MAミキサーには、ある程度の体力が必要となります。映像に合わせた編集や音選びは神経を使う作業である上に、作業が長時間に及ぶことも少なくありません。さらに、映像作品の最終段階を担うポジションのため、作品の進捗次第では夜遅くから作業がはじまる場合もあります。常に高い集中を保ち、長い作業時間にも耐えられる体力と気力は、MAミキサーになるにあたって必須の資質といえるでしょう。

「MAミキサーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧