フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ディスプレイデザイナーの仕事内容

ディスプレイデザイナーの仕事内容

魅力的な空間を作り上げる「ディスプレイデザイナー」なるにはどうすればいい?

ディスプレイデザイナーの仕事内容

ディスプレイデザイナーは、商品や作品を引き立たせるための空間デザインを行う仕事です。ショップのショーウィンドウや美術館の展覧会、展示スペースのショーイベントなどといった、さまざまな空間を演出します。
クライアントとの打ち合わせでコンセプトを決め、使用する材料や道具などを選定した後、実際の設置空間で制作を行うというのが一般的な仕事の流れです。イメージ通りのデザインに仕上がり、クライアントの了承が得られると、ひとつのプロジェクトが完了します。

ディスプレイデザイナーの求人特徴

ショップのショーウィンドウ変更や、展覧会やショーイベントなどは定期的に開催されるため、ディスプレイデザイナーのニーズは常に一定数あり、求人数も比較的安定しているといえるでしょう。
ディスプレイデザイナーになるには、デザイン事務所や、ディスプレイデザインを請け負う企業への就職を目指すのが一般的です。応募にあたって求められる特別な資格はありませんが、デザインの知識や技術を身に付けておくと、優遇される場合もあります。そのため、大学や専門学校などで基礎知識を学び、卒業後に採用を目指すことをおすすめします。

ディスプレイデザイナーに求められる人物像

ディスプレイデザイナーには、旺盛な好奇心が求められます。クライアントの要望に沿い、かつ人びとの注目を集められるような空間を演出するためには、豊富な知識と時代のニーズを把握しておく必要があり、日ごろからの情報収集が大切です。メディア発信の情報に敏感で、なおかつ業界内の最新情報に興味関心を持てる人に適した職業だといえます。様々な知識をもとに多角度から提案を行えると、ディスプレイデザイナーを目指す人材として、さらに望ましいでしょう。

「ディスプレイデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧