フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アニマルセラピストの仕事内容

アニマルセラピストの仕事内容

動物を通して癒しを与える「アニマルセラピスト」の仕事内容とは?

アニマルセラピストの仕事内容

アニマルセラピストは、動物とのふれあいを通して、対象者の心身のケアを行う仕事です。
具体的な仕事内容は、動物とともに訪問を行ったり、専用の施設で動物との共同作業をサポートしたりすることです。訪問にあたって、対象者に迷惑がかからないよう動物の飼育から始めるケースもあり、その際は健康管理からしつけまでも含めて担当します。なかには、自分の愛犬をセラピー犬として育成し、共に活動を行うアニマルセラピストもいます。

アニマルセラピストの求人特徴

高齢者や心身のケアが必要な人は年々増加しており、アニマルセラピストの活躍の場は拡大しています。特に、医療現場や福祉施設での活動が顕著であり、今後一層の需要の増加も期待できるでしょう。しかしながら、欧米ではすでに広く認知されている職業であるものの、日本ではまだ発展途上なのが現状です。正規職員として働く人は多くはなく、非常勤やボランティアが中心のため、社会貢献の意欲があるかどうかが重要になります。
アニマルセラピストになるにあたって、必須となる資格はありませんが、日本アニマルセラピー協会が認定する「アニマルセラピスト資格」や、全日本動物専門教育協会が認定する「動物介在福祉士」などを取得すれば就職に役立つ場合もありますので、興味のある人は取得を目指してみると良いでしょう。

アニマルセラピストに求められる人物像

アニマルセラピストにとって何より大切な資質は、動物好きであることです。動物を通した福祉活動を行うためには、その動物の特性やふれあいによって得られる効果を、きちんと把握しておかなくてはなりません。これは飼育業務においても、欠かすことのできない資質となるでしょう。
また、福祉に貢献したいという想いを持つことも重要です。対象者とふれあうのは、動物だけではありません。全てを動物に任せるのではなく、動物と対象者を支えるような心構えを持って働ける人が理想だといえます。

「アニマルセラピストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧