フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ブリッジSEの仕事内容

ブリッジSEの仕事内容

日本と海外を繋ぐ「ブリッジSE」の仕事内容と求められる人物像を紹介

ブリッジSEの仕事内容

ブリッジSEは、システム開発、ソフトウェア開発において、海外の外注先と自社との橋渡しを行う、現地在中のシステムエンジニアです。近年、コスト削減のために、ITシステムの開発を海外に依頼するケースが増えていますが、その連絡及び技術指導を円滑に進める役割を担っています。プロジェクトの進捗や成否に影響が出ないように、海外のスタッフに適切な指導を行うのが、ブリッジSEの仕事です。ときには、開発プロジェクトの中心を任され、企画段階から参加し、営業、開発までと広く担当することもあります。

ブリッジSEの求人特徴

グローバル化が進むなか、日本企業と海外企業の結び付きは強くなっており、ブリッジSEのニーズも増加しています。今後もこの傾向は強まることが予想され、さらなるニーズが生まれる可能性もあるでしょう。専門性が問われる職種であるため、現状では、企業あたりの求人数は比較的少ないと言えます。
ブリッジSEは、さまざまな国のスタッフと関わる仕事であるため、基本的に英語力が求められますが、取引先によって、中国語やベトナム語といった、アジア圏の語学を求める企業も多くなっています。あらかじめ希望する企業の情報を確認しておくと良いでしょう。
また、エンジニアスキルに関しては、高いレベルで技術・知識を有しているほど採用に有利になります。特に、システム開発やソフトウェア開発の技術を証明する資格は有効であるため、取得を目指すことをおすすめします。

ブリッジSEに求められる人物像

ブリッジSEには、高いコミュニケーション能力が要求されます。企業や取引先との仲介役という立場上、双方の意見を分かりやすく伝えなければなりません。これは、不慮のトラブルを防ぐリスクヘッジのためにも、さまざまな企業が求めているスキルです。
さらに、柔軟性も大切な資質といえます。その国の文化を理解し、適切なアプローチができる人材であれば、活躍できる可能性がより高くなるでしょう。

「ブリッジSEの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧