フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性学童保育指導員の仕事内容

学童保育指導員の仕事内容

放課後の学びの場を作る「学童保育指導員」なるには?

学童保育指導員の仕事内容

学童保育指導員は、小学生が放課後を過ごす学童保育で、子どもたちのお世話をする仕事です。一緒に遊ぶのはもちろん、宿題を教えたり、おやつを準備したりとさまざまな業務を行います。なかでも重要なのは子どもたちの安全を確保することであり、常に注意深く見守ることも仕事のひとつです。
また、学童保育は、日中に保護者が働いている子どもを対象とした施設であり、連絡帳などを通して、施設での様子を保護者に伝える役割も学童保育指導員が担います。

学童保育指導員の求人特徴

夫婦共働きの家庭などが増えたことにより、学童保育のニーズは年々高まっています。それに伴って、学童保育指導員の需要も上昇しており、就職先の選択肢は広がりつつあります。地域によっては、学童保育指導員の人材不足に悩む学童保育もあるといわれています。
勤務形態としては正社員やアルバイト、非常勤など幅広くありますが、非正規職員として働く割合が多いです。十分な経験を積むことで、正社員へのステップアップや保育士への転身などが視野に入るでしょう。

学童保育指導員に求められる人物像

学童保育指導員の資質としては、子どもの様子を温かく見守り、成長する姿に喜びを感じられる人間性が求められます。成長著しい小学生の時期の子どもたちと日々を過ごしながら、彼らの成長過程に喜びを感じられる人は、責任感も自ずとついてきやすく、子どもをはじめとして周囲からの信頼を得ることができるでしょう。
また、室内や外で運動をするなど、子どもと一緒に遊ぶ機会が多いため、ある程度の体力も必要です。安全面にも十分に気を配り、危険から守るよう努めることも、保護者から子どもを預かっている立場として重要になります。

「学童保育指導員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧