フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアの仕事内容

営業力と技術を融合「セールスエンジニア」の仕事内容とは?

セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアは、営業職と技術職の両方の要素を兼ねた職業です。情報機器の専門知識に精通しており、取引先で商品を紹介する際にどんな疑問にも答えられる、セールスのスペシャリストといえます。
仕事内容は、営業をはじめとして、社内の各部門との調整、技術データの収集、市場動向の調査など多岐にわたります。ときには、自社製品の導入を行う顧客へのサポートを担当することもあるでしょう。製品の開発段階から完成、そして顧客のもとへ届けるまでの一連のプロセスを支える職業です。

セールスエンジニアの求人特徴

情報機器の多様化が進むなか、販売だけでなく、実践的なサービスについても精通するセールスエンジニアに対する期待は高まっています。求人数も全国的に豊富であり、比較的に選択肢は多い傾向にあります。求人情報は、求人ポータルサイトをはじめ、求人雑誌や各種企業の採用ページで見つかります。ただ、専門性の強い職業であるため、工学系学部出身者や経験者が優遇されやすいのが特徴です。
入社後は、研修や現場で経験を積み、能力が認められれば本格的な業務に取り組むことができます。全くの未経験者であれば、IT関連会社やソフトウェア開発会社などでエンジニアの経験を積んだ後に、キャリアパスをして、セールスエンジニアとして働き始めるケースが一般的です。

セールスエンジニアに求められる人物像

セールスエンジニアには、高いコミュニケーション能力を持った人が望まれます。顧客をはじめとして、社内のあらゆる部署と連携を図るため、毎日様々な人々と多くの関わりを持つことになります。さまざまな疑問やニーズに応える役割も担っており、業務を滞りなく遂行するために、円滑な受け答えをすることが求められます。
また、好奇心が旺盛であることも重要な資質といえます。セールスエンジニアは、営業と技術関連の両方を専門とする職業であり、深い知識が欠かせません。異なる2つの側面を持つ仕事であるため、広く関心を持ち、学び続ける向学心が大切です。

「セールスエンジニアの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧