フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性日本茶インストラクターの仕事内容

日本茶インストラクターの仕事内容

日本茶の魅力を伝える「日本茶インストラクター」の仕事内容とは?

日本茶インストラクターの仕事内容

日本茶インストラクターは、お茶に関する深い知識をもとに、効果や技術の指導を行う仕事です。味はもちろん、歴史や文化についての知識を広め、日本茶のさらなる発展を目指します。
具体的な仕事内容は、お茶の選び方や飲み方のアドバイス、お茶専門店のプロデュース、講習会での講師、初級資格である日本茶アドバイザーの育成などです。各地で開かれるイベントで案内役を務めることもあり、その活動は多岐にわたります。

日本茶インストラクターの求人特徴

世の中の健康志向の高まりに伴って、日本茶の評価見直しが進んでおり、スペシャリストである日本茶インストラクターのニーズも向上しています。主な勤務先としては観光協会、日本茶専門店、和菓子屋、日本茶カフェが挙げられます。いずれも一定の求人数があり、正社員からアルバイトまで募集があるため、希望に合わせた選択ができるでしょう。
日本茶インストラクターとして活動するには、資格の取得が必要です。取得方法としては、通信講座および養成学校への通学を経て、認定試験での合格を目指すのが一般的です。

日本茶インストラクターに求められる人物像

日本茶インストラクターは、味覚の鋭い人でなければ務まりません。日本茶とひと口にいっても、さまざまな種類と特徴があり、それぞれを消費者に向けて分かりやすく伝えることが求められます。素人では分かりづらい微妙な味の違いも多いため、スペシャリストとして的確な判断を問われます。
また、インストラクターという特性上、指導能力も大切な要素です。業務の中心は専門知識を人々への伝えて、指導することです。相手にとってわかりやすいようにできるだけ噛み砕いた表現を心掛けることが大切です。

「日本茶インストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧