フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性食育インストラクターの仕事内容

食育インストラクターの仕事内容

食生活を改善に導く「食育インストラクター」のなり方とは?

食育インストラクターの仕事内容

食育インストラクターは、親や子どもに対して、正しい食習慣をアドバイスする仕事です。食の知識、大切さを広め、多くの人々が健康的な生活を送れるようサポートする役割を担います。
業務内容は、活躍の場によってさまざまであり、自治体が主催する食育活動で、地元食材への理解を促して生産者や消費者との交流を図ったり、企業が主催する工場体験などで、体験を通してメーカー商品やそれを使ったメニューの紹介を行ったりします。また、食育団体や個人が主催する講演会では、会の趣旨に合わせた知識の提供を行い、食に関する意識の向上を促すことが仕事となるでしょう。

食育インストラクターの求人特徴

近年、食生活の乱れや食の安全に関する問題が顕在化しはじめており、それを改善に導く食育インストラクターのニーズは増加傾向にあります。国の施策も影響し、学校や医療現場など、さまざまな場面で求められるようになりました。ほかにも、食品メーカーやスーパーマーケット、百貨店などにも活躍の場があります。専業でなくとも専門知識を活かせる働き口も多いため、広い視野を持つことが大切でしょう。
食育インストラクターになるには、民間資格であるNPO日本食育インストラクターの取得が必要です。知識や実践技術のレベルごとに、初歩の「プライマリー」から、専門性を問う「一級」まで用意されており、より難度の高い資格を取得した方が就職の際にアピールポイントになります。

食育インストラクターに求められる人物像

食育インストラクターには、やはり食に対する関心の高い人が望まれます。専門家として人に教える機会が多いため、豊富な知識と実践力が欠かせません。働きはじめてからも常に新しい情報を仕入れる必要があり、日ごろから食への興味が尽きない人に適した職業だといえます。
食育インストラクターの目的は、人々の食生活を改善に導くことです。ただ知識を備えているだけではなく、熱意を持って人と関わる姿勢が重要になります。そのため、興味関心から学んだことを人々に広めたいと考える人は、食育インストラクターとして重宝される存在になり得るでしょう。

「食育インストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧