フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性漫画家の仕事内容

漫画家の仕事内容

人々に夢を与える「漫画家」どうすればなれる?向いている人は?

漫画家の仕事内容

漫画家は、漫画の原稿を作成する職業です。テーマやコンセプトを決め、ストーリーを作成し、キャラクターなどを用いて物語を演出します。具体的には、プロット、ネーム、下書き、ペン入れ、仕上げという段階を踏み、漫画を完成させます。
プロットは、編集者との打ち合わせで使用する、いわゆる「あらすじ」のことです。プロットの作成で全体像を明確にしてから、ネームや下書き、ペン入れといった実際に描く作業の工程に入ります。基本的には一人で全ての作業を行いますが、人気漫画家になるとアシスタントを雇い、作業分担して効率化を図るケースが多いです。

漫画家の求人特徴

漫画家になるには、各出版社が主催する新人賞の獲得を目指す道が一般的です。新人賞の受賞は、雑誌連載や単行本の出版などが約束されるため、デビューへの近道として知られています。ただ、競争は非常に激しく、数多くの漫画作品のなかから賞を得るのは簡単ではありません。何年もかかって受賞に至るケースがほとんどであることを、あらかじめ理解しておきましょう。
また、漫画のアシスタントとして働いたり、専門学校に入学したりして技術を学び、選択肢を増やす方法もあります。漫画とひと口にいってもさまざまな形態があるため、雑誌や単行本だけでなく、インターネットや新聞などでも活躍できます。希望する働き方を明確にし、それに向けた努力を積み重ねるとよいでしょう。

漫画家に求められる人物像

漫画家は、心身ともにタフであることが求められます。1日の大半がペン入れなどの細かい作業に費やされることもあり、根気がなければ作品を完成させられません。特にデビュー後は同様の作業が続くうえ、短い期間でいくつもの物語を作り上げる必要があり、自分自身との戦いになります。このような状況に耐えられるだけのタフさは、漫画家に欠かせない資質といえます。
また、クリエイターとしての個性や創造性も大切です。想像力が豊かで、ストーリーを考えることが好きな人は向いているでしょう。

「漫画家の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧