フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性介護美容師の仕事内容

介護美容師の仕事内容

介護と美容の役割を備えた「介護美容師」の仕事内容とは

介護美容師の仕事内容

介護美容師は、介護が必要な高齢者や障がいを持った方のヘアスタイリングを行う仕事です。病院や自宅への訪問サービスが基本であり、店舗を持たないという特徴があります。
スタイリングはカットやカラー、洗髪など、一般的な理美容サービスと同様の手法で行いますが、身体を動かせない方を相手にする場合も多いため、介護に関する専門知識も求められます。ときには、理美容と共に身体補助を請け負うこともあり、お客様をケアすることも業務のひとつです。病院への訪問サービスでは、施設のスタッフと連携を図り、お客様の体調や症状を把握したうえで作業を行います。

介護美容師の求人特徴

日本の高齢化率は上昇し続けており、介護美容師のニーズは高まっているといえます。活躍の場も今後ますます広がっていくことが予想されている、将来性の高い職業といえるでしょう。
主な勤務先は訪問美容サービス会社で、全国各地に企業が存在します。このほか、NPO法人である全国介護理美容福祉協会に登録し、個人で活動する方法もあります。
介護美容師になるには、美容師の国家資格を取得しなければなりません。基本的に美容師資格を所持していれば、活動すること自体は可能ですが、併せて介護関連資格を取得すれば、より就職に有利になります。また、認定資格である福祉理美容師は、介護美容師としての高い技術を備えていることを証明できます。

介護美容師に求められる人物像

介護美容師は、少しの異変も見逃すことのない観察力を持つことが大事です。主な業務はスタイリングですが、介護職としての側面も併せ持つため、お客様を注意深く観察しながら仕事をすることが求められます。業務中は、いつどのような症状が出ても柔軟な対処ができるよう心がける必要があります。
また、介護美容師は、人と接することが好きな人に向いているといえます。お客様の希望に沿ったヘアスタイルを実現するには、綿密なヒアリングが欠かせません。特に介護が必要なお客様を担当する際は、より相手の目線に立ったコミュニケーションが問われるでしょう。

「介護美容師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧