フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ネイチャーガイドの仕事内容

ネイチャーガイドの仕事内容

自然の楽しみ方を教える「ネイチャーガイド」になるには?

ネイチャーガイドの仕事内容

ネイチャーガイドは、山や海、川といったアウトドアフィールドのガイドを行う仕事です。ガイドを通してツアー客に自然の魅力を伝え、人と自然の関わり方を知ってもらうという目的を持って働きます。
活動の場は、トレッキング、カヌー、ハイキング、自然散策など多岐にわたり、アクティビティの指導から植物の紹介など、職場によって業務内容はさまざまです。一般人が足を踏み入れるには難しいスポットを案内するケースもあり、その際はツアー客の安全を守るために、注意喚起や装備品の貸出を行います。また、ガイド業務のほか、植物や動物を守る自然保護活動を行うこともあります。

ネイチャーガイドの求人特徴

従来は、ボランティアでの需要が主な仕事でしたが、旅行会社や自治体との連携を図るケースが増え、活躍の場は年々広がりつつあります。近年は、専門資格や認定制度が登場し、より専門的な職業としての側面が強くなりました。森林インストラクターやネイチャーゲームリーダーをはじめ、各団体が認定する資格の取得は、就職の助けとなるでしょう。
正社員として勤務したい場合、主な就職先は自然保護団体や観光局となり、求人数でさほど多くありません。現地のツアー会社が募集するアルバイトやパート、短期社員であれば豊富な求人数があるため、自身の目的を明確にして十分に吟味することが必要です。即戦力を求める企業が多いことから、経験を積めば就職先の選択肢が広がる可能性もあります。

ネイチャーガイドに求められる人物像

ツアー客に自然の魅力を伝える際の熱意に繋がるのはもちろん、知識を学ぶ際の動機にもなるため、ネイチャーガイドには、自然を愛する気持ちが求められます。自然を案内する立場として、自然を熟知するための資質があるかどうかは非常に重要です。
また、アウトドアで活躍する仕事であり、ある程度の体力も大切です。足場の悪い道を通るだけでなく、一日中動き回ることも少なくはありません。アスリートのような身体である必要はありませんが、足腰は強い方がスムーズに業務がこなせるでしょう。

「ネイチャーガイドの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧