フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性CMプランナーの仕事内容

CMプランナーの仕事内容

コマーシャルの演出家!「CMプランナー」なり方と仕事内容

CMプランナーの仕事内容

CMプランナーは、クライアントの要望に沿ってテレビコマーシャルのプランニングを行う仕事です。CM制作に関わる工程を幅広く担当する職業であり、仕事内容は多岐にわたります。
具体的な仕事の流れとしては、まずクライアントからヒアリングをした内容を基にプレゼンテーションをし、テーマや方向性の了承を得ます。そして、ストーリーやキャッチコピー、起用タレントなどを選定した上で絵コンテを描き、撮影・編集を行います。完成した作品はクライアントに確認を取り、さらに修正作業を重ねるなど、納得のいく作品が完成するまで調整を行うケースもあります。

CMプランナーの求人特徴

近年、テレビコマーシャルの多様化が進み、CMプランナーの需要は高まっているといえます。CMプランナーになるには、大学や専門学校を卒業後、広告代理店やデザイン事務所、CM制作会社などに就職するルートが一般的です。CMプランナーとして実績を積んだ後には、制作現場を統括するCMディレクターを目指すことも可能です。
ただ、入社してすぐに実務をこなすわけではありません。CM制作現場で十分な経験を積んでから任されるようになるケースが多いようです。

CMプランナーに求められる人物像

時代のニーズに合わせた作品を制作する必要があることから、CMプランナーには、好奇心が旺盛で時代感覚に優れた人材が求められます。アンテナを張り巡らせ、トレンドを把握しなければ訴求力のあるCMを作ることはできません。テレビや雑誌など、インターネットなどの様々な情報媒体を広くチェックする勤勉さが必要です。
また、相手の希望を汲み取って作品に反映させる柔軟性があれば、より活躍できる可能性が高まります。CMプランナーは、自身の発想力を活かすクリエイティブな仕事でありながら、クライアントの要望に応じた作品づくりが常に求められます。両方のバランスを上手に取り、質の高い作品を生み出せる人はどの現場でも重宝されるでしょう。

「CMプランナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧