フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ガーデンデザイナーの仕事内容

ガーデンデザイナーの仕事内容

自然豊かな景観を作る「ガーデンデザイナー」のなり方とは?

ガーデンデザイナーの仕事内容

ガーデンデザイナーは、住宅や公園、公共施設の造園を行い、美しい景観作りをする仕事です。実際の施工業務ではなく、企画や設計などを主に担当します。
ガーデンデザイナーの仕事は、依頼主との打ち合わせからはじまり、そこで得た要望をもとに造園のプランニングを行います。この段階で、デザイン、設備、土壌、植物などを確定させます。その後、設計や測量、造園業者との打ち合わせを重ね、実際の施工工事に至るという流れです。現場では、監督の役割を担う場合が多く、全体の統括を担当します。

ガーデンデザイナーの求人特徴

環境保護や自然回帰への注目が高まるなか、造園デザインの需要は増加しています。レジャー施設や都市建築など、ガーデンデザイナーの活躍の場は広がりつつあり、今後さらなる期待が寄せられます。
主な勤務先は、造園会社、建築会社、ハウスメーカー、工務店です。それぞれで求められるスキルが異なるため、自身の好みや目的に合わせた選択をおすすめします。応募に際して必要な資格などはありませんが、国家資格である造園施工管理技士や、造園技能士を取得しておくと、採用の際アピールポイントになるでしょう。企業に属して実績と経験を積んだ後は、フリーランスへの道が開けるケースもあります。

ガーデンデザイナーに求められる人物像

ガーデンデザイナーが造園に用いる植物の種類は多岐にわたり、それらを活かすだけの十分な知識が必要となります。依頼主の要望に理想的な形で応えるためにも、日ごろから向上心を持って、学び続けられる人向いているでしょう。
また、ガーデンデザイナーは造園デザインだけでなく、依頼主と施工業者を繋ぐ役割も担っています。業務を円滑に行うためにも、周囲と協力する姿勢や、コミュニケーション能力は必須のスキルとなるでしょう。

「ガーデンデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧