フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性児童福祉司の仕事内容

児童福祉司の仕事内容

子どもの問題を解決をサポート「児童福祉司」の仕事内容と求人傾向を紹介

児童福祉司の仕事内容

児童福祉司は、子どもが抱える悩みを聞き、適切なアドバイスを行う仕事です。アドバイスに際しては、個人的な主観を交えるのではなく、あくまで社会的な判断が必要とされます。
相談内容は、生活環境や心身の問題など多岐にわたり、より効果的な援助を目指して相談者の身辺調査を行うこともあります。相談者は、子どもだけでなく保護者も対象であり、ときには双方からの話を聞く場合もあります。援助の際は、児童福祉司だけでなく、教育機関や警察などと連携して対応するケースが多いです。

児童福祉司の求人特徴

近年、虐待やいじめ、非行など、子どもに関するトラブルは社会問題の一つとなっており、児童福祉司への相談数は増加しています。そのため、求人ニーズは年々高まっていると言えます。
児童福祉司は都道府県ごとに設置される児童相談所が職場となるため、一定の求人数が保たれている職業です。ただ、地域によって設置人員数のが異なるため、希望地によっては競争率が高くなる可能性があるでしょう。
また、応募の際には、児童福祉司の任用資格を取得し、その後、地方公務員試験に合格する必要があります。

児童福祉司に求められる人物像

児童福祉司に求められる資質として代表的なのは責任感です。家庭に深く関わる相談に携わることも多く、相談者のプライバシーを守りながら、使命感を持って仕事をすることが求められます。
また、思いやりも重要な要素となります。児童福祉司は、主に子どもの相談を受ける仕事であり、できるだけ本人の立場に寄り添った姿勢が必要です。相手の気持ちを考えながら、正しいアドバイスをするためにも、思いやりを持って仕事に臨まなければならないでしょう。

「児童福祉司の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧