フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ブリーダーの仕事内容

ブリーダーの仕事内容

ペットはお任せ!「ブリーダー」のなり方と求められる人物像とは

ブリーダーの仕事内容

ブリーダーは、ペットの交配や出産のサポートを行い、流通までを担う仕事です。ショップで販売されているペットたちは、一般的にブリーダーが手掛けています。
具体的な仕事内容は、ペットの飼育、健康管理、予防注射、交配相手の選定、繁殖です。なかには、繁殖から販売に特化したブリーダーや、コンテストなどへの入賞を目指すブリーダー、品種改良を専門にするブリーダーもおり、それぞれで専門範囲が異なることが大きな特徴といえます。

ブリーダーの求人特徴

ペットへの関心が高まり、飼育数が増えるなかで、ブリーダーが活躍する場は広がりつつあります。ただ、ブリーダーは個人で行う人も多いため、全体の求人数はそう多くはありません。ペットショップやブリーディングショップ、ブリーダー個人の募集などから情報を探すのが一般的です。
将来的に独立を考えている人は、動物関連の専門学校への進学や、JKC愛犬飼育管理士などの資格取得をおすすめします。また販売を行う場合は、「動物の愛護及び管理に関する法律」内の「動物取扱業の規制」に基づき、保健所に「動物取扱業の届出」を提出することが必要です。
動物の命を扱う仕事であり、信用と信頼が求められるため、実績の積み上げが非常に重要です。

ブリーダーに求められる人物像

ブリーダーは、動物が好きな人に向いている仕事です。生き物を扱う職業であるため、業務を行う中で、予想できないトラブルが起こることもあります。日ごろの世話をきちんと行えることはもちろん、動物に対する責任感や動物のペースに合わせて対応できる忍耐力が必須条件といえます。動物への愛情がなければ仕事をやり通すことは難しいでしょう。販売・譲渡以降もきちんとアフターフォローを行うなど、誠実に向き合う姿勢が大切です。
さらに、積極的に行動できる自主性を持つ人材が望まれます。特に個人で活躍したい場合、時代のニーズや業界内の情報は自身で収集したり、販売業者や飼い主となる人と交渉したり、コミュニケーションをとる機会も多いため、積極的に行動できることは欠かせない要素です。

「ガーデンデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧